房総弁「女性天皇と女系天皇」編

おぃ、今日はえれー難しいタイトルだんね。

おめぇ、ちっとばっかり、頭がいいかい、今日はむずけしいタイトルにしたんだお。

つまり、あんだっていうんだお。

女性天皇っていうのは今の皇室典範じゃ無理らしんだけん、まぁ、仮になんだけとよ、愛子様が天皇になることはいいだお。

で、女系天皇っていうのは、絶対ありえねぇ話だけん、おめぇ皇室に婿に入ったとするっぺや、ほんで、さずかった子供が跡をつぐと、これが女系天皇に、なんだお。

おめぇの血筋が入ってきてそこでとだえっからな。

で、これはだめだなんだお。

何百年も続いた伝統っていうのは一番重いんだお。

こんが、日本の信用にもつながんだお。

 

房総弁「バカでした」編

おんも、利口じゃねっていうことは、うすうすわかってたんだお。

だけどよ、こんかいほどあきれたことはねぇど。

だってよ、このめぇ、おんの友達がサーバーみてぇな、でけぇやつだけん、いるか?っていうから、じゃもらうべぇよってことでな。

そのパソコンはネットでかったんだけん、使ってねぇで、じゃまだっていうかい、もらってやったんだお。

コアのどうのこうのって、なんかはえらしんだお。

ほんでよ、DVDみべぇと思って、ボタンおっぺして、中からぴーっと、トレーがでてきたっぺ。

だけどよ、なかなかはいねんだお。

なんかいやっても、はいねんだお。

あっ、これは、トレーのサイズがちゃっけーじゃねかよ、くれた野郎にはプライドがあっかい聞けねっぺ、えっ、かってぼさと思って、一か月くれぇ、かっぽっておいたんだお。

その後だお、あーで、パソコンの文字が逆なんだお、印刷ミスか?プレミアがついたか?

ねそべってたら、ふっとのうたりんの頭にもあることがよぎったお。

文字が逆さってぇことは、……何?あれぇええ、.逆?

房総弁作家 Kattebosa

房総弁「 ピコ太郎」編

あいはばぺん

あいはばあっぽ

あいはば、うっせぺよ

あいはばぺん

あいはばぱいなっぽ

あいはば、かってぼさ

あいはば、あのえ

あいはば、おんだけんよ

ぱいなっぽぺん

あっぽぺん

ぺんぱいなっぽあっぽぺん

あいはば、てっぱつだ

あいはば、そだっぺよ

あいはば、そんがあじした

 

 

 

 

房州弁「安倍首相とトランプ次期大統領」編

今日はよ、どっかの年よりの話を聞いてたら、さすがのおんが、わらいてぇなったお。

きかしてやっかんな。

安倍首相とトランプ次期大統領がトランプタワーで会談したってことは、テレビで大々的にやってたっぺや。

「グレードの高い・・・・・・クォリティのどうのこうの」ってだんだか言ってたっぺ。

そしたら、婆さんの方が「グレードの高い」ってあんだかいって、爺さんに聞いたら、そしたら爺さんがあんていったと思う?

「わら、あんもしらねえな、グレードってぇのは、柱なんかに塗るペンキのグレーっていうのがあるっぺや、そんに、「ド」がついたもんだお。」

「その(ド)っていうのはあんだかしらねぇけどよ。」

っていう具合に言ったら、いきなりよ、そばいにいた別の婆さんが、あやうく入れ歯はずしそうになったかい、あわてておっぺしてやったお。

※ご高齢の皆様へ
笑うときはお気を付けください!

房州弁「トランプ大統領」編

おんの読みはまちげーねったお。

去年から、もしやとおもってたんだお。

てぇのわよ、えれー評論家の評価は、まぁおんにいわせりゃ、てぇしたことねぇやんどもだけんどよ。

そん連中がこぞって「トランプは大統領になれねっぺよ」っていってたんだお。

まぁ房州弁じゃねったけどな。

おんだけは違ってだど。

あん、おとおは、すげぇ、こりゃ、どんでん返しがおきんだろっておもってたら、ほらみろ!

ちげぇねぇ

当選したら日経平均先物もあがったみてぇだんね。

さすがですね、キャプテン

いやいや

キャプテン、ところで、どこで、その情報ぱくったんですか?

うっせぇぉ、よけいなこと、いうんじゃねぇよ、たくよ。

 

房州弁「大河ドラマ」編 

おんも大河ドラマの男といわれてるほど大河通なんだお。

そんがよ、不覚にもしらねったことがあったんだお。

来年の大河は「おんな城主 直虎」っていって、織田信長や今川義元のどうのこうのすべったのころんだのなんだけどな。

まぁ、これはどうでもいいや。

春風亭あんだかってぇのが、2年前に「軍師官兵衛」に出てたらしんだお。

関が原んとき、家康に報告した後、褒美に饅頭もらったシーンあったぺや、あんだお。

そんがよ来年のその、あんだ、おんな城主に今川義元役で出るってぇいうかいびっくりしたんね、なぁキャプテン!!1

えっ、急にふられえもこまるっぺよ!!

でぃち(第一)、おめぇ誰?

おんのにせもんか?

 

房総弁作家 Kattebosa

 

房州弁「ちょうどいいや」編

でーこんとタコ、ハンペンもね

そっから昆布もいれてよ

からしはたっぷりだかんね

で、全部でゆうらだ?

38000円くれーかな

あれ?ちょっとたけー気もするけど、ひともぐりすりゃ、もととれんな。。

まってろ、今だすかい

あっ、ちょうどいいや、せーふ忘れたお!

※こんな感じでよく使われます。

房総弁作家 Kattebosa